今は亡きエロゲーメーカーLIBIDOの作品 Petit teens ~純粋少女フェティシズム~
発売された当時は中学生くらいだったのかな。
当時から既にロリコンではあったけど、お子様パンツに目覚めたのはこの作品のおかげです。
当時の二次エロ界隈の下着描写と言えば、妖艶な大人の女性はレース付きの下着で差別化されてる風がありましたが、ロリキャラと言えば真っ白か、がんばってバックプリントが入ってる程度で、形状は完全にスキャンティーなのがほとんど。
そんな中でしっかりお子様パンツの形状をとらえ、当時のCG技術で考えるとかなりリアルな質感を表現しているJoy Rideさんのお子様パンツは私に衝撃を与えたのでありますよ。
まじこのサイトの原点かもしれません。

残念ながらメーカーが既に閉鎖しているためソフトを入手するには中古を探さなきゃならないですが、Joy RideさんのCGをまとめたイラスト集は今も販売されています。